• home >
  • 高島扇骨 ~近江扇子~

安曇川流域に自生する良質の竹材を利用して
約300年前に始まった伝統工芸「高島扇骨」

扇骨の歴史

扇骨の歴史

比良の山奥に源を発し、朽木渓谷の名勝を刻み、東に流れてびわ湖に注ぐ安曇川、その流域に自生する竹を利用して始ったと伝えられる竹手工芸の”扇骨”の歴史は以外に古いのです。
その昔、京扇子の発祥地ともいわれる五条大橋川畔の御影堂に平家滅亡の後、平敦盛の室清照姫(またの名玉織姫)が剃髪して、蓮華院尼と称し扇子を作りはじめた頃、その用に祐寛上人(1190年ごろ)安曇川沿岸にマダケの造成をおこなったと伝えられている。


また、大陸との交易の開港地北陸と都を結ぶ要衝にあったのと、冬季大雪をもたらし、長い冬の間の農民の副業として、材料が少なくて加工手間を目的とした技術仕事としての、地理的、生活的条件から必然的に発展して来たと言えましょう。
徳川五代将軍、綱吉の頃、新旭町太田の清水宗源の子長谷川玄斉が、水防と扇子づくりのため、安曇川沿いに良質の竹を植えたと史実は伝っています。
その後、戸島忠兵衛が竹林に目をつけ水害、早害におそわれ、耕作面積の少ない農民の副業として扇骨業をはじめると共に、今まで京都の仲買人に利益をうば われていたのを、自分が仲買人となって扇骨の販路開拓につとめたと伝えられています。その時音羽の御殿から下賜された提灯と箱が今なお同家に保存されています。
ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

幕末の頃西万木に生れた、井保久吉は、名古屋より進んだ扇骨加工技術を学んで帰り、その甥、井保寿太郎が広く京都、大阪へ販路を開拓し、又扇子を遠く欧州諸国へ輸出し、扇骨産地との形態をととのえた。
業界では昭和47年扇業300年祭を開催し、先覚、先輩の偉業を顕彰すると共に産業の伝統についての決意を新たにしたいものです。

扇骨の現状

扇骨の生産も戦後一時1330万本にも達しましたが、クーラー、扇風機の出現によって、涼をとる扇子の需要が激減しましたが、舞扇、飾り扇、茶席扇等の高級品が大きく伸び、アイデアー扇とともに、手づくりの伝統が見直されて、大へん愛好者がふえつつあります。
現在仕立業と呼ぶ製造販売業45名、職人と云われる技術者300名によって、全国の生産額の90%がここで生産されており、世界唯一の竹の扇骨の産地です。
現在の生産額年間700万本20億です。使用される竹材料は、安曇川沿いの良質の竹材を使用していたのですが、生産額がふえるにしたがい、材料が不足し、山陰、四国、九州より導入していました が、この地方も竹枯病の発生に伴い竹が枯死し、また地域開発によって竹林が消滅し、最近は中国・台湾よりの輸入に大半をたよっています。

扇骨の種類

扇骨の種類

扇骨には男子・女子用の涼をとる夏扇から、舞扇、飾り扇、ねこま、茶席扇、鴨川、航空扇、謡い扇、中啓、モーニング扇等の扇骨をはじめ大は50cmのものから、小は2cm位のミニ扇まで各種の扇骨数十種に及んでいます。
又、最近はアイデア扇として広く各方面に利用され、その美しさと軽便が大へん珍重されています。

近江扇子は伝統技術と新しさを取り入れた幅広い扇子です。

300年伝統の技術に新しいセンスのある近江扇が地元で生産されています。
豪華な飾扇からみなさんの趣味をとり入れた各種の扇子が全国のみなさんの心に安らぎをあたえています。

PAGE TOP