• home >
  • 完成までの工程

受け継がれる”伝統製法”で
元竹から完成まで職人が手作り致します。

  • 受け継がれる”伝統製法”で 元竹から完成まで職人が手作り致します。
  • 受け継がれる”伝統製法”で 元竹から完成まで職人が手作り致します。
  • 受け継がれる”伝統製法”で 元竹から完成まで職人が手作り致します。

扇骨ができるまでの工程

元竹
節間40cm以上の3~5年生の竹を冬季に伐採。
竹切り
扇子の用途にあった長さに切る。
割り竹
扇骨用にこまかくわる。
仲骨
 
ヘギ
 
銑引き
皮と中身の両面を削りとり、規定の厚みにする。
目もみ
穴をあける。
仲じまい
形をととのえる。
本ざし
裏、表を揃えて細いさし棒にさす。
漬じまい
再び形をととのえてここで
仲骨の生地のできあがり。
親骨
 
親けづり
親骨のあらかたの形をつくる。
目もみ
かなめの穴をあける。
胴こそげ
庖丁、ノミをつかって完全な形をつくる。
目こそげ
かなめの部分をみがき仕上げる。
皮こそげ
表のうすい皮をとり滑らかにする。
脇板
ここで再び形をととのえる。
顔はらい
かなめより上部を滑らかにする。
これで親骨の仕上り。
漂白
できあがった親骨、仲骨をロンガリットという薬品を入れた窯で約一時間煮て漂白する。
白干し
薬品で晒したあと、天日に干し、青味をとって乾燥する。冬期で約一週間、夏期で2~4昼夜、日光に当て露にあてる。
締直し
白干しで多少伸縮ができたものを、最終的にけづり直す。
下磨き
親骨の表面を滑らかにするため、ペーパーで磨き、白干しの汚れを落とす。
電気磨き
光沢を出すため、電動バフで磨く唯一の機械工程。
末削
扇紙がつく部分を細く削りとる。
合し
用途に応じて親骨と仲骨の枚数を合わせてつけます。
又、仲骨の色も赤味のものから白色のものへと並べる。
要打ち
カナメにゴムをはめ込んだ後、金具でとめる。
検品
親骨工程が18工程、仲骨工程が16工程の恐しい、ややこしい工程を経てできあがった製品を更に検査する
扇骨完成・出荷
できあがった製品は京都へ80%、その他大阪、名古屋へ出荷され、一部は地で紙をはられ、美しい日本の扇子となる。

扇子ができるまでの工程

  • 扇子ができるまでの工程
  • 扇子ができるまでの工程
  • 扇子ができるまでの工程
色ひき
顔料と膠を混ぜた絵具を作り、刷毛で色を描きます。
折り
扇面に折りのすじを入れる工程です。
扇骨(仲骨)の本数に合わせて、厚手の特殊な紙で作った型紙を上下ではさんで折り目を入れていきます。
中ざし
乾かした扇子の地紙に中骨を差し込む為の道(空洞)を竹べらであけます。
中つけ
仕上げの工程です。扇骨の紙の間に入れる部分に糊をつけ2つに分かれた紙の間に差し込みます。
匂いをつける場合は、この付けの前に扇骨の仲骨に専用の香水を湿らします。
仲骨を付けた後は、親骨を熱を加えて曲げて形を整えます。
扇子完成・出荷
  • 熟練の職人が手がけた一味も二味も違う扇子の完成です!
  •  お祝いやプレゼント、名入れもできるので結婚式の引き出物や記念品にも喜ばれます。

熟練の職人が手がけた一味も二味も違う扇子の完成です! お祝いやプレゼント、名入れもできるので結婚式の引き出物や記念品にも喜ばれます。

PAGE TOP